ノベルティグッズ・メディカルサポートアイテムをお創りします

 お問い合わせ

牛乳石鹸共進社株式会社 様

地域の安全を守るひったくり防止カバーを依頼、リニューアルも好評です

コーポレートコミュニケーション室 
課長 大神福美様(左)、課長 田原有紀様(右)

牛乳石鹸共進社株式会社

明治42年の創業以来、企業理念「ずっと変わらぬ やさしさを。」のもと、化粧石鹸の製造・販売を主軸に事業を展開。伝統ブランド「カウブランド 赤箱」に加え、時代のニーズに即応した幅広い製品開発で、新ブランドを生みだしています。

今回いづみ企画で採用されたアイテムはなんですか?

自転車ひったくり防止カバーを、CSR(社会貢献)の取組みで採用しています。このアイテムはいづみ企画さんのご協力のもと生まれたオリジナルで、2015年に制作した初代カバーと2022年にリニューアルした2代目カバーの2種類があります。

初回の企画当時の2014年の大阪府では、ひったくり件数が全国ワーストを記録するなど社会課題となっていました。地域の安全のためにできることは何か、行政や警察の方などとも相談し、自転車カゴ用のひったくり防止カバーを制作することにしました。

出来上がったひったくり防止カバーは、本社と工場を置いている大阪市城東区・鶴見区を中心に、2015年以降区役所などへ弊社から寄贈し、地域の皆様とカバーの取付けイベントを実施しております。配布前と比べ、ひったくり件数が90%も減ったと感謝の言葉をいただいています。

城東区と鶴見区では、この赤いカバーをつけた自転車がたくさん走っています

幅広い“モノづくり”の実績に安心感

なぜ、いづみ企画のアイテムを採用したのですか?

牛乳石鹸といづみ企画さんは、販促アイテムで20年以上お取引しています。

弊社のCSR担当チームが「ひったくり防止カバー制作はどこに頼もう?」と考えていた時に、いづみ企画さんの内覧会で幅広い“モノづくり”の実績を見てご相談したところ、「できますよ!」と即答してもらったのがきっかけと聞いています。

2代目カバー(写真左)と初代カバー(写真右)

デザイン・機能・予算など要望にあわせてオーダーメイド

ひったくり防止カバーについて教えてください

デザインはラフ案からご相談し、機能、予算と弊社の要望にあわせて、いづみ企画さんが制作したオリジナルアイテムです。初代カバーも好評でしたが、2代目は大型カゴにも対応できるサイズにリニューアルしています。

配布方法にもこだわっており、行政や警察の方などと協働で「ひったくり防止カバー取付けイベント」を開催しています。イベントでは牛乳石鹸の社員が集まった皆様の自転車カゴに直接カバーを取り付けて、地域の皆様との交流を図っています。「使いやすい」「かわいい」と皆様の反応もとても良いです。

COWマークが全面にデザインされた2代目カバー

こだわりPOINTコーポレートカラーの赤を忠実に再現。
街中で目立つデザインで防犯効果アップ。
誰でも簡単に使える。

コーポレートコミュニケーション室の大神様もイベントに参加し、何百台もの自転車へカバーを取付けたそうです。「素早く取付けられて使いやすい!」とお褒めいただきました。

前カゴ・後ろカゴどちらでも使用可能

丁寧な対応で、品質・コストとも納得の仕上がり

いづみ企画の印象を教えてください

ご担当いただいている営業の方が丁寧で助けていただいています。親身に要望を聞き出してくださり、課題を一つ一つ解決できました。どこまでコストを下げられるか、納得いくまで説明してくれた点も信頼できましたね。

サイズや仕様、色など各工程で試作を重ねるなど丁寧な“モノづくり”に応えてくださいます。弊社のコーポレートカラーの赤は色合わせが難しいのですが、微妙に異なる赤の色見本6パターンを手配してくれた時にはありがたかったです。

予算に合わせ高品質なアイテムを企画してくれるので、当社の他部署でも評判が高いですね。

いづみ企画に今後期待することは?

何かあったときにはすぐに商談の機会をいただけたので、色々な担当者が頼りにしていたと思います。対応ジャンルが幅広いので、これからも何かあれば相談をさせてもらえたらと思います

インタビュー当日、いづみ企画のカバー制作担当者は育児休業中。特別にオンラインで参加しました。牛乳石鹸様から「(ご無理がなければ)復帰をお待ちしています!」と温かい声がけをいただきました。

本日は貴重なお時間を有難うございました

※2023年10月取材時の内容になります。

関連インタビュー

  1. 販促EXPO 2023【夏】展示レポート

PAGE TOP